新型コロナの感染について 1/2 - 風邪(かぜ)・インフルエンザ - アスクドクターズ

 健康・病気の悩みが相談できる。お医者さんが答えるアスクドクターズ
PC向けサイトはこちら
トップ>風邪>インフルエンザ
質問者

新型コロナの感染について

ロンリー さん
2020/10/23

インフルと新型コロナの予防法は手洗いうがいとされていて、国民が手洗いうがいを徹底してるせいか例年よりインフルは少ないそうですね
ならば何故、同じ予防法で新型コロナは減少しないのでしょうか?
当初、感染力はインフルの方が強いか同等と言われていましたがコロナの方が圧倒的に感染力は高いからですか?
あと、感染者の発表時 性別、年代、居住地を非公表にするのはプライバシー保護の為でしょうか?こちらにしてみたら北海道は広いので居住地位は発表してくれないと困ります。地域で感染者が出た場合、気を付けようと再確認出来ないからです【新型コロナウイルス(COVID-19)についての質問】
(40代/男性)

投稿の受付終了
前へ最初1/2最後次へ


いま読める医師の回答
yoiyoi 先生
産婦人科
2020/10/23
医師
インフルエンザは例年よりは少なくなるということですね。
日本では新型コロナは爆発的に増えてないですし、予防効果はあるのだと思います。
されてない方がかかる可能性が高いということでしょうね。
発表については地域などは発表しているものが多いですね。
具体的な店名などはなかなか出ないですが、店側が公表していることが多いですね。
どうかお大事になさってください。ご質問ありがとうございました。



質問者ロンリー さん
2020/10/26
海外よりは抑えられてるかもしれませんが、毎日数百人の感染者が発表されていて医療の現場は大丈夫なのでしょうか
ありがとう御座いました





いま読める医師の回答
マグロ 先生
小児外科
2020/10/23
医師
・インフルエンザは、気温が低く寒い時期に勢いを持ちますので、現直接在はいわゆる流行時期ではありませんので、現在の状況で、インフルエンザは予防できており、COVID19だけが増えていると判断できません。
・おそらく感染力は同等だと思われますが、感染経路が異なるようです。インフルエンザは、基本的に飛沫感染がが主体です。咳などで体外に放出されてしまえば、長くは生存できないと言われています。一方でCOVID19は、飛沫感染に加えて、接触感染が危惧されています。体外から放出された、分泌物等の細かいものが身の回りの物に付着し、同場所で一定期間生存できることが証明されています。そのため、直接飛沫を吸い込んでいなくても、飛沫がついた部位を触った手で、粘膜(口や鼻、目等)を触ることでの感染経路が存在ます。そのためです。
居住地域を公表しないのは、個人情報保護の観点もありますが、風評被害を避ける目的もあると思います。昨今は、WEBでの犯人捜しを趣味の様にされている方も多く、限定される情報が多ければ、より必要以上の被害を生じる事への懸念だと考えます。元来、COVID19に関わらず全ての感染症に対する防御として、身近にいなくとも、手洗いやうがいは行うべきであり、現状では、身近にいないことで油断をされることの方がリスクが高いと考えます。



質問者ロンリー さん
2020/10/26
自分は2月に流行りだして以来、コンビニやドラッグストアーなどで買い物した際、全てアルコールで拭いています。今は大体の人がマスクをしていて飛沫は少ないかもしれませんが油断は禁物です
ありがとう御座いました





いま読める医師の回答
総合家庭医 先生
(前期研修中)
2020/10/23
医師
インフルエンザはワクチンがあるので、集団免疫が機能して誰かが感染しても周囲の方が免疫を持っやていて感染が広がりにくいです。
しかし新型コロナは日本ではまだワクチンが無く、一般的な感染対策や三密を避けるなどしか対策が取れないので、ひとたびクラスターが発生するとそれが連鎖して感染が広まってしまう場合があるからです。

非公表にするのはプライバシー保護のためでしょうね。
感染対策で大事なのは、患者が発生した場所に行かないことではなく、マスクや手洗いなどの自分たちで出来る感染対策をしっかり励行することだからです。



質問者ロンリー さん
2020/10/26
承認された薬が効果が無いとか、ワクチン開発も足止め状態で来年初旬のワクチン提供は不可能なのでしょうか。手洗いうがいを徹底するしかないようですね
ありがとう御座いました



総合家庭医 先生
(前期研修中)
2020/10/27
医師
薬やワクチンなど本来は年単位で開発するものですからね。
まずはそれを期待せずにご自身で対応可能な手洗いうがい、三密を避けるなど対策をとるのがよろしいですね。





いま読める医師の回答
yazawae 先生
循環器科
2020/10/23
医師
>ならば何故、同じ予防法で新型コロナは減少しないのでしょうか?・・
否。これでも抑制できていると推定されていますよ。「手洗いうがいを徹底」していなければもっと多いと推定されていますね。
>感染力はインフルの方が強いか同等と言われていましたがコロナの方が圧倒的に感染力は高いからですか?・・
否。ほぼ同等かインフルの方が強いですね。
>性別、年代、居住地を非公表にするのはプライバシー保護の為でしょうか?・・
はい。その通りですね。



質問者ロンリー さん
2020/10/26
緊急事態宣言の頃、医療現場崩壊が心配されていましたが今も毎日数百人の感染者が発表されていて医療崩壊は大丈夫なのでしょうか。以前より軽症者が多く重篤患者が少なくなっているのは何故なんでしょうか。コロナウイルス自体が変異していて毒性が弱まっているのでしょうか
ありがとう御座いました



yazawae 先生
循環器科
2020/10/26
医師
>今も毎日数百人の感染者が発表されていて医療崩壊は大丈夫なのでしょうか。・・
はい。未だ大丈夫ですよ。
>以前より軽症者が多く重篤患者が少なくなっているのは何故なんでしょうか。・・
治療法の選択肢が増えたからと推定されていますね。
>コロナウイルス自体が変異していて毒性が弱まっているのでしょうか・・
否。それは確認されていません。



前へ最初1/2最後次へ
会員登録
今すぐ登録
関連キーワード
手洗い
インフルエンザ
ワクチン
はいはい
感染症

気になる質問を検索

類似のQ&A
コロナ感染者の公表
痒い目 洗顔前にこす..
新型コロナ感染確率
コロナの感染について
インフルとコロナの感染..
コロナウイルスと、結核..
新型コロナウイルスの感..
新型肺炎コロナについて
歯医者でも感染しますか..
変異型の新型コロナにつ..
新型コロナの感染につい..
新型コロナウィルス感染..
新型コロナの感染力につ..
新型コロナウイルスの予..
新型コロナウイルスの予..
新型インフルエンザ
妊婦 新型コロナウイル..
新型コロナの感染経路
呼吸による新型コロナウ..
新型コロナを感染させる..
無料で見られるQ&A
年末の帰省について
年末に主人が実家に帰省しようと言います。..
コロナ感染リスクと胃カ..
胃カメラでコロナの感染リスクが高くなると..
インフルエンザの予防接..
外部のサイトでインフルエンザの予防接種は..
新型コロナの感染につい..
インフルと新型コロナの予防法は手洗いうが..
米国で注目されているコ..
先日、米国のファイザー社の新型コロナウイ..
医師は完成したらCOV..
[1] 現在開発中のワクチンの治験が完了..
HPVワクチン接種をす..
高校一年生の娘に対し市の方から、HPVの..
胃痛について
初期症状は胃痙攣から、その後胃の部分を触..
ポリフェノールは
動脈硬化を予防する、と聞いたことがあるの..
子供の食物アレルギーに..
子供の食物アレルギーは、親や近い親族に食..
新着Q&A
三歳の子供の熱について
昨日幼稚園から帰ってきて少しするといきな..
コロナを疑うべきか。
今朝から、身体が少しだるかったので、電子..
マスクなしでスーパーで..
本日、マスク着用をするのを忘れてスーパー..
コロナ感染について不安
知人の兄弟がコロナに感染しました。知人..
外での接触 3分程度の..
2歳の子供と今外でガーデニングをしていた..
家庭の医学アスクドクターズ
内科・皮膚科・アレルギー・神経

風邪(かぜ)・インフルエンザ|メンタル・うつ(鬱)|アレルギー・花粉症|皮膚・アトピー・水虫|呼吸器・ぜんそく・禁煙|頭の病気・神経の病気|認知症・介護
その他のカテゴリへ
▲ページトップ

会員登録
今すぐ登録
姉妹サイト
妊娠・生理・排卵など女性特有の悩みを解決「AskMoon女性の医学(アスクムーン)」生理日を予測する
危険日も分かる
メールでお知らせ

医師に相談Q&A
お薬事典
無料
サイトマップ

家庭の医学AskDoctorsTOP
会員登録
今すぐ登録

トップ>風邪>インフルエンザ>新型コロナの感染について
Copyright©2021
エムスリー株式会社
All Rights Reserved.